企業看護師の仕事内容ってどんなの?


ここ数年の医療現場の進歩には目を見張るものがあります。

医療機関での専門医の存在はとても重要で、それに伴い看護師に求められるスキルも高いものとなっています。

認定看護師、専門看護師の存在が注目される中、「企業看護師」に多くの看護師から注目が集まっているのです。


企業看護師とは、一般企業の医務室や専門企業、医療機関に勤める看護師のことをいいます。

人気の秘密は病院とは違い夜勤がなく、勤務体制は企業の勤務時間、休日が基本となるため充実したプライベートを送ることができるからです。

収入の面では下がる可能性もありますが、変則的なローテーションがないため大変人気があります。


仕事の内容は、企業の医務室の場合、健康診断や人間ドックが主な仕事です。

事務的な処理も行うことになりますので、ある程度のパソコンスキルが必要です。

また医務室を利用するのは一般企業に勤める会社員ですので、一般的なコミュニケーション能力が必要です。


専門企業や医療機関で勤務する場合は、臨床試験に関わる治験コーディネーター(CRC)や治験業務の監視を行う臨床開発モニター(CRA)となります。

治験を行う医師に的確に試験内容を説明する、被験者には不安を与えないように試験の内容を説明するなどこちらも看護技術に加え、コミュニケーション能力が必要となります。


一般企業に勤めることになりますので、病棟での勤務との違いにギャップを感じることもあるでしょう。

しかし、看護技術以外にも新しいことが身に付きますので、これもスキルアップ、キャリアアップの一つです。

看護師としての幅を広げるためにも、企業看護師を目指してみてはいかがでしょうか。