准看護師と正看護師の仕事内容・求められるスキルの違いとは?

看護師には大きく分けて「准看護師」と「正看護師」とありますが、さてその違いはなんでしょうか。


「准看護師」は都道府県知事から資格が与えられます。

そして、医師、歯科医師また看護師の支持を受けて患者の看護や診療の補助を行うことができます。


「正看護師」は国家資格で、厚生大臣から資格が与えられます。

正看護師は准看護師とは違い、医師、歯科医師の指示がなくても、自らの判断で主体的に看護や診療の補助を行うことができます。


看護する心、そして仕事内容にも大きな違いはありませんが、やはり違いはあります。


正看護師は手術室に入ることができる、さらにはキャリアアップして管理職(主任、看護師長や看護部長)や専門看護師、認定看護師に就くことができますが、准看護師にはキャリアアップすることができません。


また勤務する病院にもよりますが、役職手当など給与面での違いも生じてくることあります。

このような違いだけを見ると、正看護師が断然有利に思われますが、准看護師を積極的に採用している施設もあります。


それは、高齢者介護施設や児童福祉施設、身体障害者福祉施設や養護学校、保育所や民間企業です。

施設利用者が体調不良を起こした場合に、応急処置や看護、病院への搬送ができるため、利用者はもちろん利用者家族も安心です。


特に高齢者介護施設では、介護福祉士に行うことができない医療行為(採血や点滴)も准看護師がいることで可能となり、さらにお薬の管理や、検温、バイタルチェック、また全身清拭に入浴介助、食事介助により施設利用者の異変にも早い段階で対応することができます。


「准看護師」「正看護師」それぞれ役割がありますし、どちらも大切な命をあずかる大変な仕事です。

経験と知識を積んでキャリアアップしたいから正看護師、患者や患者家族、施設利用者や高齢者の一番の理解者でありたいから准看護師など、これはあくまでも一例ですが、自分がどうなりたいかによって目指す方向が決まるのではないでしょうか。