看護助手の仕事内容とは?


看護助手のお仕事は看護師のように国家資格を必要としません。

看護師のアシスタントとして働くため、特別な医療行為を行うことも無く、どなたでも働くことが可能です。

では実際にどのような内容のお仕事なのでしょうか?

ここで紹介しましょう。

看護助手のお仕事を始めるにあたって、特に必要な資格は無いのですが持っていたほうが良いと言う意味では、

メディカルケアワーカーや、メディケアワーカーの資格はオススメです。

やはり医療現場に携わるわけですので、知識を持っていると有利になるといえるでしょう。

具体的なお仕事内容としては、

患者さんの食事の介助や摂取状況の観察、

病室の掃除や室温の管理、患者さんとのコミュニケーションを取るのも大切なお仕事です。

そして車椅子やベットへの移動介助。

お着替えや洗面、患者さんがお風呂に入っているときは、

入浴についての用品準備や洗浄や消毒、着替え準備も行います。

さらにはお手洗いに連れて行ったり、オムツの交換なども時には行うことがあるでしょう。

あくまで看護助手のお仕事は看護師のアシスタント的な立場に徹するわけですが、

医療現場においては非常に重要なお仕事であると言えます。

また、患者さんにとって心強い存在になるでしょうから、

コミュニケーション能力も必要となるでしょう。

看護助手は多くの医療機関で採用されており、今後も注目されている職業です。

ナースフル|リクルートの公式サイト