ブランクがある看護師の研修制度とは?


看護師が、家庭の事情や出産などで離職されることは、良くあることです。

それは、看護師の大部分が女性であるが故です。

配偶者の転勤で、それまで勤めていた医療機関を退職し、異動先で自分に合った病院などが見つからず、そのままブランク期間が長くなってしまうこともあります。

医療の世界は、日進月歩ですから半年のブランクでも、分野によっては復帰が難しい場合があります。

ましてや、2年・3年のブランクは致命的です。

そういった元看護師のための研修制度があります。

医療過疎の地方自治体で実施しているところもありますし、看護師転職サイトで復職のための研修制度を設置しているところがあります。

また、医療機関でブランクのある医療従事者のための研修制度を持っているところもあります。

しかし、ブランクのある看護師を雇用する医療機関は、人手不足解消のためにブランク看護師であることを承知で雇用するわけですから、復職後は忙しくて研修制度を受ける時間を確保できないのが実情です。

看護師転職サイトで研修を受ければ、それは就職を希望する医療機関へのPRになりますので強力な武器となります。

転職サイトのコーディネーターに相談すれば、自分に適した研修制度の紹介や復職先を紹介してもらえます。

折角、苦労してして取得した看護師免許ですから、こういった制度を利用して復職する前にブランクの不安を解消しておくのが大事です。